自家がんワクチン療法(免疫療法)|東京都中央区銀座並木通りクリニックは内科・外科・呼吸器科の一般診療とがんの外来治療(腫瘍内科・緩和ケア内科)中心のクリニックです

東京都中央区の銀座並木通りクリニック|内科 外科 呼吸器科 がんの外来治療・緩和ケア・セカンドオピニオン

銀座駅 C8出口直結

月~金:10:00~18:00、電話番号は03-3562-7773

院内開催セミナー からだにやさしいがん治療 1月26日土曜日開催分 申込み受付中!
1.免疫療法の最近の動向および自家がんワクチン療法について
2.からだにやさしい少量抗がん剤治療について

自家がんワクチン療法とは?

自家がんワクチン療法とは、免疫療法の一つです。手術で摘出されたがん組織(約2g必要)から作成したがんワクチンにより、がんと闘うリンパ球を活性化してがん制御を試みる治療法です。

免疫療法とは?

身体の免疫力を高めて、あるいは免疫の力を利用してがんをやっつけてやろう、というコンセプトの治療法です。
がん治療の三本柱である、外科切除・抗がん剤治療・放射線治療による治療成績に頭打ちを感じるためか、最近「免疫療法」はそれら三本柱の次の一手として注目されています。

■本療法は、理化学研究所・元細胞開発銀行室長の大野忠夫博士のホルマリン、パラフィン固定組織から作成したワクチンに誘導された、細胞障害性T細胞(CTL:cytotoxic T lymphocyte)というがんを攻撃するリンパ球の一種に関する基礎実験(Nature Medicine 1995)から始まり、筑波大学脳神経外科、東京女子医科大学脳神経外科での臨床試験を経て現在に至っています。

■ワクチン作成には、手術で摘出したがん組織(ホルマリン固定、またはパラフィンブロック)が約2グラム(小指第一関節大)必要です。

これから手術を受ける、あるいは今後手術を受けることになった場合、自分のがん組織がなんらかの形で治療に使えるかもしれませんので、主治医から標本の一部を譲り受けておくといいかもしれません。

“がんは切っても捨てるな、それが自分のがんと闘う武器になる”ということです。
自家がんワクチンについての詳細はこちら

自家がんワクチンの副作用について

副作用は一般的に軽微です。
注射部位が赤くなる、腫れる、固くなる、熱をもつ、痒くなる、小水疱などが見られることがあります。
その他に、発熱、悪寒、倦怠感があらわれることがありますがいずれも稀であり一過性です。
また、現在までアナフィラキシーショックなどの重篤な副作用は報告されていません。
詳しくは、こちらをクリックしてご覧ください。

料金
事前相談  30,000円+税
自家がんワクチン 1,430,000円+税(自由診療)

*保険証をお持ちでない外国人の患者様は別料金になります。
詳細はお問合わせください。

自家がんワクチン療法(免疫療法)のご相談は03-3562-7773

院内開催セミナー からだにやさしいがん治療 1月26日土曜日開催分 申込み受付中!
1.免疫療法の最近の動向および自家がんワクチン療法について
2.からだにやさしい少量抗がん剤治療について

関連ブログ -院長ブログより-
関連記事 -メディア掲載情報より-
メディア掲載情報
AERA  2015年9月7日号
大特集「がんを恐れない」
週刊現代
がん撲滅へ 名医6人が特別チームを結成
朝日新聞
私の視点
産経新聞
ゆうゆうLife
メディア掲載情報一覧へ
クリニックメッセージ
がん休眠療法
がんのリハビリテーション