院長著書の紹介|がんの外来治療(腫瘍内科・緩和ケア内科)と内科・外科・呼吸器科の銀座並木通りクリニック

院長著書の紹介

少量抗がん剤治療 "がんを生きる"ための、もう一つの抗がん剤治療

転移がんでも、末期がんでも、手術不能でも、希少がんでも、あきらめない!

『"微小循環理論"による的確な抗がん剤治療』
いまの抗がん剤治療で、効果が得られなかった方、何らかの不都合で悩んでいる方への参考書です(書籍帯より)

著者:三好 立 / 監修:片岡 達治

書籍の購入は書店の他、インターネットからも可能です。
インターネット購入はこちらから(Amazon.co.jp)

目次の紹介

第1章 少量抗がん剤治療の驚くべき効果
第2章 少量抗がん剤治療総論
第3章 微小循環理論の展開
第4章 少量抗がん剤治療 -薬剤選出マニュアルと薬剤使用について
第5章 少量抗がん剤治療の実践および治療成績
第6章 少量抗がん剤治療のがん診療における位置づけ
第7章 少量抗がん剤治療・その他、補足事項

メディア掲載情報
AERA  2015年9月7日号
大特集「がんを恐れない」
週刊現代
がん撲滅へ 名医6人が特別チームを結成
朝日新聞
私の視点
産経新聞
ゆうゆうLife
メディア掲載情報一覧へ
クリニックメッセージ
がん休眠療法
がんのリハビリテーション