子宮頸がんとは?|東京都中央区銀座並木通りクリニックは内科・外科・呼吸器科の一般診療とがんの外来治療(腫瘍内科・緩和ケア内科)中心のクリニックです

東京都中央区の銀座並木通りクリニック|内科 外科 呼吸器科 がんの外来治療・緩和ケア・セカンドオピニオン

銀座駅 C8出口直結

月~金:10:00~18:00、電話番号は03-3562-7773

子宮頸がんとは?

子宮頸がんを予防できるワクチンがあります

子宮頸がん予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも特に子宮頸がんから多く見つかるHPV16型・18型・6型・11型の4つの感染を防ぐことが出来ます。 このワクチンは海外では既に100ヶ国以上で接種されており、日本ではようやく2009年12月から接種可能となりました。

対象は10歳以上の女性です。45歳ぐらいまでは打つメリットがあるといわれています。

子宮頸がん予防ワクチンの接種方法

半年間に合計3回接種します。
間隔は  初回  →  2回目(初回の2ヵ月後)  →  3回目(初回の6ヶ月後)

3回接種することで充分な効き目が得られるため、きちんと最後まで接種することが重要です

子宮頸がんに関する詳しい情報はこちら → 子宮頸がん予防情報サイト「もっと守ろう.jp」

費用について

3回接種分で50,000円+税です。初回接種時にお支払いください。 

担当医について

女性専門外来の朝日 厚子医師が担当です。 朝日医師の詳細はこちら

ご予約・ご相談は03-3562-7773

メディア掲載情報
AERA  2015年9月7日号
大特集「がんを恐れない」
週刊現代
がん撲滅へ 名医6人が特別チームを結成
朝日新聞
私の視点
産経新聞
ゆうゆうLife
メディア掲載情報一覧へ
クリニックメッセージ
がん休眠療法
がんのリハビリテーション