子宮頸がんとは?子宮頸がん予防ワクチン|がんの外来治療(腫瘍内科・緩和ケア内科)と内科・外科・呼吸器科の銀座並木通りクリニック

子宮頸がんとは?子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がんを予防できるワクチンがあります

現在、国内で接種可能な子宮頸がん予防ワクチンは3種類あります。

2価型(サーバリックス)と4価型(ガーダシル)そして、2021年に追加された9価型(シルガード9)です。

2価型
(サーバリックス)
4価型
(ガーダシル)
9価型
(シルガード9)
国内発売 2009年12月 2011年8月 2021年2月
定期接種 ×
予防するHPV 【2種類】
16・18(高リスク型)
【4種類】
16・18(高リスク型)
6・11(低リスク型)
【9種類】
16・18・31・33・45・52・58(高リスク型)
6・11(低リスク型)
対象年齢 10歳以上 9歳以上
接種スケジュール 3回
(初回・1か月後・6か月後)
3回
(初回・2か月後・6か月後)
関連HP 子宮頸がん情報サイト allwomen.jp 子宮頸がん予防情報サイト
もっと守ろう.jp
当院での費用(税込) 1回 17,000円 1回 17,000円 1回 33,000円

*保険証をお持ちでない外国人の患者様は別料金になります。
 詳細はお問合わせください。

予約制

ご予約・ご相談は03-3562-7773

担当医

朝日厚子医師(月曜・金曜) 朝日医師の詳細はこちら

9価型ワクチン(シルガード9)は、来院前に事前登録が必要です

接種可能な条件

具体的な手順

①当院に電話で予約 03-3562-7773
ご自身で「ワクチンQダイアリー」の登録、入力
 ⇒ワクチンQダイアリー登録ページはこちら
予約日に「ワクチンQダイアリー」を登録した端末を持参
④クリニックにて受付(保険証持参)、問診票の記入
⑤診察室で「ワクチンQダイアリー」の確認、問診
⑥接種
⑦院内体調観察
⑧お支払い(33,000円税込)、次回予約 ⇒ 帰途へ

メディア掲載情報
AERA  2015年9月7日号
大特集「がんを恐れない」
週刊現代
がん撲滅へ 名医6人が特別チームを結成
朝日新聞
私の視点
産経新聞
ゆうゆうLife
メディア掲載情報一覧へ
クリニックメッセージ
がん休眠療法
がんのリハビリテーション